surgery

術前後で必要な筋力を評価

目的

医療法人アレックスグループにおいて、肩関節の鏡視下手術を行う患者様を対象に”術前”および”術後”に定期的に筋力測定を行っています。

肩関節は主に回旋筋腱板(Rotator cuff)という4つの筋肉によって支持されています。
それぞれの筋力を数値化することで、健側と患側(手術側)の筋力差を確認します。
「術前」は手術の前にどの程度の筋力があるのか、また術後との比較のために行い、「術後」は筋力の回復度合いおよび日常生活やスポーツ復帰の指標となる目的で行う大事な筋力測定です。

検査内容


 micro-FET

持ち物

・同意書
・料金(現金でお持ちください)

費用

お支払いは現金のみの対応となっております。
また、この検査は自費となるため 保険診療の適応外 となります。

測定当日の流れ

1、受付(検査時間の5分前の来院をお願いします)

同意書持参の方は受付に提出してください。

2、micro-FET

3、お会計

測定データを評価表に記載しお渡しします。
お支払いは現金のみです。カードはご利用いただけません。

ご不明な点や予約の変更・キャンセル
アレックス脊椎クリニック 03-5758-1321